road to spine

大学院で臨床・研究中の整形外科医 脊椎外科医になるために必要な事を備忘録も兼ねて たまに資産形成、英会話などについても

普段車など通勤時は英会話を聞いているのですが、少し飽きたな、というときにちょうどいい番組を見つけました

igakukoャ

医師会主催で少しお堅いのですが、内容はエビデンスに基づいた間違いのないもので、
15分程度で様々な分野のtopicsを基本的な事から分かりやすくまとめてくれています。
整形分野だと、がん骨転移骨粗鬆症薬の回は大変良い知識の整理になりました。
初期研修の知識は遠くになりつつありますので、他分野のものも聞いてみようと思います。



いままで膝OAとしてヒアルロン酸注射とリハビリを続けて改善しなかった人が、診察してみたら鷲足炎だった、ということがたまにあります
トリガーポイントで一時的に改善するのですが、再燃しやすく、漫然と注射をし続けるのも気が引けます
筋膜リリース、と手もあるかもしれません
調べてみたら、最近はカテーテル治療もあるんですね!

https://okuno-y-clinic.com/case/5747

運動器カテーテル(IVR)治療という概念を初めて知りました
へバーデン結節への適応もイチオシのようです

病態としては異常血管の増生と炎症なので、そこを塞栓する、という論理
塞栓して本当に大丈夫なのか?という疑問はありますが、、
あまり論文は出ていないようで、自由診療領域なので賛否はあると思います

以前江戸川病院で勤務されていた奥野先生が積極的に行っているようです、クリニックも各地にあります

文献が少なく、メリットデメリットがよく分かりません
基本はエビデンスのある保険診療範囲内での勝負ですが、本当に難渋した場合は選択肢として頭の片隅に置いておこうと思います



アフィリエイトサイトみたいな感じの題名になってしまいました、、
いま、某業務で過去問と見比べながら今年発売された整形外科Q&Aの新版を読んでいます
5年前に発売された旧版と比べると構成、内容ともに変わっており、しかも直近の過去問は新版にしか載ってないものもあります
旧版から削除された項目は、今年の試験では一問も出ていませんでした
主な違いとしては
・臨床問題の削除
・ロコモなどの項目の追加
などです
分厚さは変わりませんが、時間のかからなかった臨床問題がなくなり、結果としてボリュームアップしています
もし旧版で勉強進めている方がいるようでしたら、勇気を持って買い替えをお勧めいたします







このページのトップヘ