road to spine

大学院で臨床・研究中の整形外科医 脊椎外科医になるために必要な事を備忘録も兼ねて たまに資産形成、英会話などについても

**問題文自体は著作権的に怪しいので日整会の会員用HPからダウンロードを
**ご指摘あればコメントに願います!

Q61 症例問題:12歳男子の左大腿部痛、Xpあり→大腿骨頭すべり症
a.b.〇
c.転位あり、手術適応
d.Kleins lineは正面像で評価する
e.〇

Q62 特発性大腿骨頭壊死症の診断について
a.b.〇
c.× crescent signは軟骨下の骨折線
d.〇
e.× ステロイドパルス療法後3か月以内の発症

Q63 症例問題:股関節脱臼後の大腿骨頭壊死に対して手術施行(術後画像;大腿骨骨切り後)
a.b.〇
c.× 骨切りで対応できており、画像上もtype C-1以下であると考えられる
d.× 疼痛は壊死の発生ではなく、骨頭軟骨の圧壊によるものとされる
e.〇

Q64 THAについて
a.× 殿筋内脱臼股でも適応あり
b.× 術後脱臼率は差がない(股関節OAガイドラインより)
c.d.〇
e.× そのようなエビデンスは無い

Q65 症例問題 中年女性、右股関節痛、股関節造影Xpから滑膜骨軟骨腫症を診断する問題


Q66 変形性膝関節症について
a.〇
b.× 関節軟骨の摩耗、関節裂隙の狭小化、軟骨下骨は硬化する
c.× 上昇しない
d.e.〇


Q67 内側OAに対する治療法→関節デブリ、HTO、UKA、TKA
a.〇
b.大腿骨のみの骨切りは一般的ではない
c.d.e.〇

Q68 膝関節に発生する骨壊死に関連するもの
a.b.×
c.〇 SLE→ステロイド使用
d.〇 放射線療法後の骨壊死
e.×

Q69 骨端症について手術不要の疾患を選ぶ問題
a.b.c.d.× 手術加療
e.Sever病:踵骨骨端症 保存加療で予後良好

Q70 先天性内反足の治療
a.× ギプスでは前足部内転と踵部内反ならびに凹足を矯正
b.〇
c.× 手術加療は1歳ごろ
d.× 出生後早期に治療を開始する
e.〇

Q71 crush syndromeについて
a.× 輸液としてカリウムを含まないものを用いる 血液は濃縮している為、全血輸血は行ってはならない
b.× 腫脹はある程度時間が経ってから生じる
c.d.e.〇

Q72 開放骨折の初期治療について
a.× 静脈出血に対しては基本的に圧迫止血だが、大きな動脈損傷などでやむなく使用することはある
b.× まずは損傷程度の把握と洗浄・デブリードマン
c.〇
d.× 生理食塩水で洗浄
e.× 陰圧閉鎖療法は組織再建の代替手法にはならない


Q73 骨折の合併症について
a.× 異所性骨化;急性期の治療は局所安静
b.〇 
c.× CRPS;拘縮予防を
d.〇
e.× 脂肪塞栓症候群のGurd基準 大基準:点状出血斑、呼吸症状とX線像上の両肺野病変、頭部外傷や他の原因によらない脳神経症状

Q74 小児の骨折について
a.× 成人に比べ頻度は高い
b.〇
c.× 若木骨折は不全骨折
d.× 長管骨骨折後過成長は成長軟骨板で生じる
e.× 回旋変形は殆ど自家矯正されない

Q75 脊椎・脊髄損傷の初期診断について
a.× 神経症状を増悪させるリスクがある場合は行わない
b.× sinal shockの際は弛緩性麻痺
c.〇
d.× Sacral sparingは回復の可能性
e.〇

Q76 症例問題 頸椎に骨化がある方の転倒、脊損 C6/7損傷
a.× 転倒は低エネルギー
b.〇
c.× C6/7転位あり手術適応
d.〇
e.〇

Q77 症例問題 肩関節前方脱臼非整復例、下垂手
a.× 麻痺もあり、手術適応
b.× 完全に噛みこんでおり、整復困難
c.〇
d.× 整復困難であり全身麻酔下での手術が妥当
e.〇

Q78 転位のある上腕骨外科頚2part骨折について
a.〇
b.× 転位があるなら手術適応、もしくは保存療法の場合は安静期間を設ける
c.〇
d.× 軸位(頭側から見下ろす様な撮影方向)ではなく、側面もしくは斜位で評価
e.〇


Q79 橈骨遠位端骨折について 橈骨遠位端骨折ガイドライン
a.× 推奨度は低い
b.× 必須ではない
c.× 男:女 1:3.2
d.〇
e.〇

Q80 症例問題;69歳女性の交通外傷、不安定型骨盤骨折、循環動態不安定
a.b.〇
c.× 病院前の対応としては間違っていないが、病着後は通常用いない
d.e.〇



膀胱直腸障害を復習する機会がありました
特に、直腸障害については殆ど気にしたことがありませんでした
いつも、「おしっこが出ているかどうか」ばっかり気にしていました
実際に直腸障害とは何なのか?どこの筋肉に影響しているのか?全く知りませんでした

こちらに詳しくまとまっています

直腸障害は主に「便を貯める機能」と「便を排出する機能」の2つに分けて考えるとのこと
印象だったのは下記の一文

残念ながら、脊髄損傷の詳細な病態や「便意」 に関する具体的な研究は、あまり進んでいません。 はっきりしたことは今後この分野の発展を待つしかありませんが、脊髄に問題を持った方の排便障害は、「便意」の問題により排便困難を来している場合がほとんどです。 

まだ分かっていないことがたくさんあるんですね
括約筋の機能障害でしょ、くらいに考えていましたが、それは大きな間違いでした

直腸障害が遺残してしまった場合の対応として、経肛門的洗腸療法というのが提示されています
https://www.jascol.jp/member_news/2020/files/20200331.pdf?v=2
↑こちらのリンクでは、洗腸療法だけでなく病態についても載っています


おかげさまで整形外科専門医試験、合格していました
とはいえ今年の合格率は98%、、当たり年です(笑)
ここまで合格率が高かったのは、初のCBT開催でサーバーダウンし、最後まで試験を受けられなかった受験生がいて公平性を期すため、コロナ禍でも受けたみんなにご褒美、という意味合いが強いようです
ラッキーで合格したと言われないよう精進していきます
得点的には6割以上は取っていたので、例年でも合格していたはず、、

私感です
整形外科専門医試験はQ&Aと過去問を5年分をちゃんとやれば、合格点に達します
各種ガイドラインなども気になりますが、それよりもQ&Aと過去問をしっかりやるほうが大事です

次は脊椎脊髄病医取得を目指します
申請に必要な24単位を7月までに揃えます

日整会認定脊椎脊髄病医取得に必要な項目

[1]整形外科専門医であること

[2]次の各号に定める単位を3年以内に24単位以上修得することを要件とする。

(1)日本整形外科学会が主催する資格取得のための脊椎脊髄病研修会への出席  12単位。

(2)脊椎脊髄病に関する学会への出席 1回1単位。ただし、6単位までとする。

(3)臨床経験10症例 6単位。ただし、10症例を超える場合も6単位までとする。




大学で基礎実験が始まったので、そういった内容も備忘録代わりに記事にしていきたいと思います
今後ともよろしくお願いいたします

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

整形外科卒後研修Q&A改訂第7版 [ 日本整形外科学会 ]
価格:13200円(税込、送料無料) (2021/3/7時点)


このページのトップヘ