road to spine

大学院で臨床・研究中の整形外科医 脊椎外科医になるために必要な事を備忘録も兼ねて たまに資産形成、英会話などについても

**問題文自体は著作権的に怪しいので日整会の会員用HPからダウンロードを
**ご指摘あればコメントに願います!

Q21 症候性静脈血栓塞栓症予防ガイドライン2017参照(日整会会員ページから見れます)

Q22
a.〇
b.〇
c.〇
d.Brodie骨膿瘍は症状が少ない
e.単純X線で単発性骨透亮像が特徴

Q23 化膿性骨髄炎で生じる骨膜反応、疼痛、発熱に類似した疾患を選ぶ 
a.〇骨膜反応、疼痛
b.〇骨膜反応、疼痛、発熱
c.×
d.×
e.×

Q24
a.〇
b.〇
c.〇
d.早期ではX線変化なし
e.結核性関節炎、診断したらただちに保健所に届け出る

Q25
a.MRSAは毒性弱い
b.〇
c.MRSAは増殖速度遅い
d.〇
e.健常者でも創部感染など感染起炎菌になりうる

Q26
a.×AIDSではヘルパーT細胞が減少する
b.×HBe抗原陽性例は感染力が強い
c.〇
d.〇
e.〇

Q27
a.〇
b.〇
c.〇
d.薬剤によって違う
e.ステロイドカバーは手術当日から行う

Q28
a.b.c.d.〇
e.診断基準に超音波記載なし

Q29
a.b.c.d.〇
e.乾癬性関節炎:手指DIP関節に後発

Q30
a.b.〇
c.関節リウマチ再燃期では、間接に負担をかけないために等尺性筋収縮訓練が推奨される(等張性は関節運動を伴うためNG)
e.〇

Q31
体軸性脊椎関節炎:強直性脊椎炎と、X線基準を満たす仙腸関節の炎症所見が認められないnr-axSpAが含まれる概念
運動すると改善するのが特徴

Q32
a.血友病性関節症
b.「骨Paget」とPaget病は別物です。ひっかけ選択肢です。
c.アルカプトン尿症は大関節炎や脊椎炎を生じる
d.多発性骨端異形成症では内反膝、内反股を呈する
e.メロレオストーシス:流蝋骨症:蝋を流したような骨硬化性病変:標整にものってます

Q33
Gurdによる脂肪塞栓症の大基準
 呼吸不全(X線上の両肺野の吹雪様陰影) / 意識障害(非頭部外傷性) / 出血斑 

Q34
a.〇Blount病は脛骨近位内側の成長障害
b.×Köhler病は,足根の舟状骨の骨軟骨症、通常自然に軽快する
c.×Sever病は踵骨骨端症、予後良好
d.×Panner病は上腕骨小頭骨端核の無腐性壊死、通常保存加療
e.×Osgood-Schlatter病は膝蓋腱の脛骨付着部、関節外の骨軟骨症

Q35 Perthes病:6-7歳がピーク
a.〇
b.〇男女比5:1
c.×Trethowan徴候はすべり症の股関節正面Xp所見
d.〇
e.×大腿骨内反骨切りを行う

Q36 軟骨無形成症
a.×常染色体優性(しかし罹患者の80-90%が新突然変異)
b.×四肢短縮型小人症
c.〇
d.×椎弓根間距離が尾側に行くと狭くなる
e.〇

Q37 Larsen症候群 標準整形第12版P315-316写真あり
a.×常染色体優性遺伝
b.〇
c.×頸椎後弯変形
d.〇
e.×関節脱臼の予後は難治性

Q38
a.×小児期偏平足は保存加療で殆ど治癒
b.〇
c.〇
d.〇
e.×先天性外反踵骨の予後は良好で、下腿三頭筋の筋力がつけば自然矯正される

Q39
a.〇
b.骨折の治癒を促進するエビデンスのある薬剤はない
c.〇
d.吸収阻害されるためカルシウムとビスホスの同時服用は
e.〇

Q40
a.〇
b.〇
c.〇
d.〇
e.× くる病ではALP↑

**問題文自体は著作権的に怪しいので日整会の会員用HPからダウンロードを
**ご指摘あればコメントに願います!

Q1
a.〇
b.〇
c.皮質骨を構成する基本的な骨単位はオステオン(パケットは海綿骨)
d.〇
e.ハバース菅を横方向に連結する神経・血管の通路をフォルクマン管という

Q2
a,b 膜性骨化(=結合織内骨化)→頭蓋底を除く頭蓋骨と、鎖骨
c,d,e 軟骨内骨化→四肢骨、脊柱、胸部、頭蓋底

Q3 
a.成長軟骨板は径成長の中心となる
b.成長軟骨板は軟骨内骨化
c.tidemarkは正常関節軟骨の最深層である石灰化層と深層の間に存在
d,e〇

Q4
a.〇
b.関節軟骨内には侵害受容器は存在しない(標準整形のNOTEに記載あり)
c.〇
d.軟骨器質の中で最も初期に分解を受けやすい基質はプロテオグリカンである(標整12版P67)

Q5
a.運動器慢性疼痛は3か月以上続く痛みである
b.神経障害性疼痛の第1選択は三環系抗うつ薬、SNRI、ガバペンチノイド
c.下行系抑制系を活性化させる抗うつ薬は有効
d.〇
e.それぞれが関連して混合性疼痛となることがある

Q6
a.b.骨形成マーカー
c.d.e.骨吸収マーカー

Q7
a.前方要素の荷重は頸椎50-60%、腰椎80%
b.c.d.e.〇

Q8
a.骨肉腫ではALP上昇
b.骨軟化症やくる病ではALP上昇
c.軟骨腫ではALP上昇しない
d.Paget病では骨形成、骨吸収共に↑ ALPも↑
e.前立腺癌骨転移は骨形成↑ ALPも↑

Q9 二関節筋 (Q&A 2-1-1参照)
a.b.c.d. 下肢では股関節と膝関節を挟む縫工筋、大腿直筋・膝関節と足関節を挟む腓腹筋
e.ヒラメ筋:起始は脛骨と腓骨の上部1/3 停止アキレス腱によって踵骨後部の踵骨隆起

Q10
a.〇
b.尺骨神経麻痺:鷲手
c.正中神経麻痺:猿手
d.前骨幹神経麻痺:下垂指
e.〇

Q11
a.〇
b.〇
c.運動機能をモニターする
d.運動機能をモニターする
e.〇

Q12
a.〇 関節リウマチは傍関節骨萎縮あり
b.〇 結核性骨関節炎では椎体の骨萎縮が有名
c.× 標準整形に骨萎縮を認めないと記載あり
d.× OAは骨硬化
e.× 上皮小体機能亢進症では異所性石灰化

Q13
a.〇
b.脂肪はT1high T2high →d
c.〇
d.骨皮質はT1low T2low→e
e.硝子軟骨はT1med T2high→b

Q14
a.〇
b.半月板は高エコー像
c.関節軟骨は低エコー像
d.〇
e.〇

Q15
a.軟部腫瘍で嚢胞性変化を伴うもの:神経鞘腫、滑膜肉腫、巨大で壊死を伴う肉腫
b.骨巨細胞腫では石鹸泡状陰影
c.骨肉腫:境界不明瞭な虫食い状および浸透状の骨融解像と種種の程度の腫瘍性骨新製造が混在、典型的なものとしてはsunburst appearanceやCodman三角
d.胞巣状軟部肉腫:臀部、大腿部の筋肉内に発生することが多い
e.線維性骨異形成症:すりガラス様陰影、骨皮質が菲薄化膨隆


Q16
a.アセトアミノフェンは中枢作用
b.ほとんどのNSAIDsは酸性薬剤
c.COX-2選択阻害薬でも消化管障害は生じうる
d.トラマドールは弱オピオイドであり、悪心嘔吐傾眠の副作用はある
e.〇

Q17
a.神経障害性疼痛の第1選択は三環系抗うつ薬、SNRI、ガバペンチノイド
b.〇
c.〇
d.トラマドールで便秘の発生頻度は高い
e.〇

Q18
a.PMMAは骨セメントであり骨との化学的な結合はない(結合するのはβ-TCPなど)
b.〇骨セメントは圧縮力には強いが引っ張り力には弱い
c.〇
d.PMMAは粉状のポリマーを有機溶剤のモノマーで溶解して使用
e.温度が高いほど硬化時間は短くなる

Q19 ガイドライン参照
a.〇
b.抗凝固薬内服でも適応あり
c.〇
d.体重制限も特に記載なし
e.〇

Q20 骨・関節術後感染予防ガイドライン2015参照
a.バイオクリーンルームでの感染減少エビデンスは高くない
b.〇
c.こちらもエビデンス高くない
d.ポピドンヨード含有するドレープで感染が減少する可能性がある
e.〇

日整会のホームページにリンクが貼られていました
http://jns.umin.ac.jp/jns_wp/wp-content/uploads/2020/10/suisyoutai_pnf_0807final.pdf
なんとなく試験に出そうなところを抜粋

・国際放射線防護委員会(ICRP)の2007年勧告では、「職業被ばく」について実効線量で5
年間100mSvかつ1年間で最大50mSvを被ばく線量の上限値
・放射線を用いる手技に従事するスタッフは防護衣を必ず着用してください。被ばくを90%以上減らすことができます。
・(透視の)パルスレートは、手技に影響が無い範囲で、 必ず低いレートに設定してください。 術者と患者の被ばく線量低減につながります。

あとは当然の事(なるべく防護手袋・メガネつけましょうとか)だった印象です。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

標準整形外科学 第14版 [ 井樋 栄二 ]
価格:10340円(税込、送料無料) (2021/1/19時点)


このページのトップヘ