**問題文自体は著作権的に怪しいので日整会の会員用HPからダウンロードを
**ご指摘あればコメントに願います!

Q81 外反母趾
a.母趾は外反に伴い回内する
b.10:1の割合で女性に好発する
c.疼痛の程度は変形の重症度と相関しない
d.e.○

Q82 強剛母趾
a.母趾MTP関節の変形性関節症
b.○
c.○
d.第1中足骨頭背側の骨棘が特徴(標準整形に写真あり)
e.○

Q83 下腿の区画症候群
a.○ 血流がさらに悪くなる可能性があり挙上は禁忌
b.○ stretch pain
c.前方コンパートメントに好発
d.末梢部の動脈拍動は必ずしも減弱したり消失するとは限らない
e.○ 測定値30-45mmHg以上もしくは拡張期血圧との差が20-30mmHg以下の場合

Q84
a.b.○
c.仮骨ができるのは二次骨癒合
d.e.○

Q85 異所性骨化
a.○
b.運動が骨化を助長する
c.d.e.○ エチドロネートはダイドロネルの一般名

Q86 FRAX ①年齢②性別③体重④身長⑤骨折歴⑥両親の大腿骨骨折歴⑦現在の喫煙⑧糖質コルチコイ ド⑨関節リウマチ⑩続発性骨粗鬆症⑪アルコール摂取⑫大腿骨頚部骨密度
a.b.c.○
d.大腿骨骨密度
e.○

Q87 Frankel分類 A:〔完全麻痺〕損傷高位以下の運動・感覚の完全麻痺,B:〔不全麻痺〕損傷高位以下の運動は完全麻痺で感覚は不全麻痺,C:〔不全麻痺〕損傷高位以下の運動は不全麻痺であるが実用性がない,D:〔不全麻痺〕損傷高位以下の運動は不全麻痺であるが実用性があり歩行補助具の有無にかかわらず歩行可能,E:〔回復〕神経学的脱落所見はない(自覚的しびれ感,腱反射亢進はあってもよい)


Q88 歯突起骨折 Anderson typeⅡを認める 最も頻度が高く、偽関節リスクが高いため手術適応
a.hangmanは軸椎関節突起間骨折
b.○
c.軸圧により発症するのは環椎破裂骨折(Jefferson骨折)
d.剥離骨折はAndesron typeⅠ
e.○

Q89
a.○
b.○
c.破裂骨折は前方成分のみtwo column
d.○
e.前方と中間で椎体全体

Q90 頚髄損傷急性期
a.b.○
c.低血圧
d.e.○

Q91 肩甲骨骨折
a.○体部骨折は関節外骨折のため
b.頚部骨折は介達外力が多い
c.○
d.肩甲骨基底部骨折は肩甲上神経損傷を合併する
e.○

Q92 初回の外傷性肩関節脱臼
a.○
b.○
c.上腕骨頭はHill-Sachs損傷
d.神経断裂は稀で、多くは自然に回復する
e.○

Q93 小児のMonteggia骨折
a.○
b.尺骨は若木骨折であることも多い
c.容易ではない
d.神経合併症としては後骨間神経麻痺が多い
e.○

Q94
a.左仙骨縦骨折、恥骨結合損傷(頭尾側方向転位)あり垂直断型骨折と考えられる
b.c.d.○
e.腰神経叢の障害は全骨盤骨折中5-12%程度で、Malgaigneの不安定型骨折では46%(Huittienら)

Q95 寛骨臼骨折の評価
a.b.c.○ 前柱、後柱を斜位像で評価する
d.inletは骨盤後方部分の前後方向への転移を評価
e.outletは骨盤後方部分の上下方汚行への転移を評価

Q96 大腿骨骨折
a.typeⅠ,Ⅱは転移があれば観血的整復と内固定を要する
b.○
c.大腿骨転子下骨折では近位骨片は屈曲外旋外転、遠位骨片は内転する
d.exchange nail 2mm程度径を太くすることが推奨される
e.○腓腹筋の作用で遠位骨片の近位端が後方に引かれ後方凸変形を呈する

Q97 膝蓋骨骨折
a.○直達外力による骨折は粉砕型になる
b.○
c.○
d.3mm以上の関節面離開があれば手術適応
e.術後はCPMで可動域訓練を行いなるべく早期から大腿四頭筋の強化訓練を行う

Q98 脛骨天蓋骨折(ピロン骨折)
a.○
b.Lauge-Hansen分類は果部骨折で使用 ピロンではRuedi分類
c.d.e.○

Q99 筋電図
正常では安静時に全く放電が認められない。脱神経が起こった筋では受傷後2週間ごろからアセチルコリンに過敏になり興奮性が高まる。
a.giant potential(巨大鋭波)は脱神経筋繊維の再支配時に認める
b.○
c.dive bomber sound(急降下爆撃音)は筋緊張性ジストロフィーで認める
d.○
e.神経損傷患者の再収縮時に多相性の電位が認められる

Q100 末梢神経損傷 
一過性伝導障害;neurapraxia
軸索断裂;axonotmesis
神経断裂;neurotmesis
a.過誤支配を生じるのは神経断裂
b.Tinelを認めるのは軸索断裂
c.一過性伝導障害では器質的には正常か、あるいは髄鞘の一部にごく軽度の異常
d.神経断裂では基本的には自然回復は期待できない
e.○

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

標準整形外科学 第14版 [ 井樋 栄二 ]
価格:10340円(税込、送料無料) (2021/1/19時点)