road to spine

大学院で臨床・研究中の整形外科医 脊椎外科医になるために必要な事を備忘録も兼ねて たまに資産形成、英会話などについても

カテゴリ: 脊椎・脊髄

専門医試験2021でも出た頭蓋底嵌入症の基準線
この4つは覚えるしかなさそうです、、
詳細は標準整形に載っています


zugaitei


・McGregor line
側面像で硬口蓋後縁と大孔後縁を結ぶ線
正常では歯突起先端がこの基準線より上方4.5mmを超えない

・McRae line
下孔の前後を結んだ線
この線より歯突起先端が上方に突出すれば頭蓋底嵌入症

・Chamberlain line
硬口蓋と下孔後縁を結んだ線
この線より2.5 mm以上歯突起が上方移動すれば頭蓋底嵌入症 
・bimastoid line
正面像で両側の乳様突起加担を結ぶ線
正常では歯突起下端がこの線より上方10mmを超えない




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

標準整形外科学 第14版 [ 井樋 栄二 ]
価格:10340円(税込、送料無料) (2021/1/30時点)


肥満と腰椎麻酔の関係について
いままで何となく、体の大きい人は薬液少し多めに使おうかな、って考えていましたが間違いでした。

「肥満者では硬膜外脂肪組織の肥厚のため脊髄腔が狭くなるので、脊髄くも膜下腔に注入した局所麻酔薬は頭側へ広がりやすい」

知りませんでした、、
「デブだから多めに入れとけ!」って上司がいたような。間違ってたんですね。
結構危ないことをしていたかもしれません。

専門医試験勉強は学びが多いです。あと1週間、、



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

整形外科卒後研修Q&A改訂第7版 [ 日本整形外科学会 ]
価格:13200円(税込、送料無料) (2021/1/16時点)


専門医試験勉強で初めて知ったこと、、

症状固定を行って後遺症認定がなされ一定の金額が支払われます。
以後の診察費用は本人が負担することになる、そこまでしか知りませんでした。
場合によっては「アフターケア制度」といもので費用を負担してもらえるんですね。
https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/rousai/dl/090325-1.pdf

脊損から熱傷、大腿骨頚部骨折に至るまで様々です。

aftercare

たとえば脊損だと診察費だけでなく褥瘡処置に関わるガーゼや、排尿障害にともなうバルーンや導尿の医療資材も対象になります。

申請は症状固定後、期限があるので要注意です。
しっかり理解して患者さんの不利益にならないようにしたいものです。

----------------------------------------------------------------------------------------------
専門医試験対策は早めに始めておくことを強くお勧めします。試験対策という意味でも、整形外科医としての基本的な知識を得ておくという点においても。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

整形外科卒後研修Q&A改訂第7版 [ 日本整形外科学会 ]
価格:13200円(税込、送料無料) (2020/12/14時点)


大学に戻ってよかったと感じる点は、側弯や腫瘍、スポーツなどの各種専門外来に関わること。
教育的な先生が多く、大変勉強になります。
先日の側弯症外来で知ったこと。
検診などで指摘される子供の側弯症は親が心配していることが多く、外来も長くなりがち。
教官の先生に良い説明方法を伺ったところ、

『気になることは沢山あると思います。側弯症について、ご家族の方が気になることは側弯症学会のホームページに殆ど載っているので一度見てください。インターネットで「側弯症学会」と検索してください。』

これを言えば間違いないと教わりました。
https://www.sokuwan.jp/
sokuwanhp

たしかにとても分かりやすいし、正確な情報が載っています。
外来をスムーズに進めること、ネット上にたくさんある間違った知識を避けてもらう、という意味でもお勧めです。

同じく学会が出している下記の本も、大変分かりやすいです。



カンファにて「タンデム症例は悩ましいね、、」
タンデム??
恥ずかしながら初耳でした、、

脊柱管狭窄が2か所以上に存在する例をtandem spinal stenosisというそうです。
頸椎と腰椎、胸椎と腰椎、頸椎と胸椎、または3か所すべて、といったように。
tandem


たしかに脊髄症状がメインだと、どこから除圧すればよいか悩ましいですね。
2017年のJBJS.Revでは、どこから除圧を行うが決まりはないが、まず頚髄症を優先して対処する、と書いてあります。
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28872572/

そして1か所の脊柱管狭窄が見つかった際、他の狭窄を見落として重大な合併症を引き起こすことがある、とも書かれています。
毎回全脊椎MRI撮ったりミエロを行うわけにもいかないし、これまた難しい問題です。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

匠が伝える低侵襲脊椎外科の奥義 [ 西良 浩一 ]
価格:19800円(税込、送料無料) (2020/11/3時点)


このページのトップヘ