road to spine

大学院で臨床・研究中の整形外科医 脊椎外科医になるために必要な事を備忘録も兼ねて たまに資産形成、英会話などについても

カテゴリ: 四肢関節

切断指の再接着や遊離皮弁後にヒルを使うことがあります。
初めて聞く・見る人にはびっくりされますが、あのナメクジみたいな黒いヤツの事です。(画像は自粛)

メリット①うっ血の改善
動脈縫合後は静脈を縫合していたとしても、血液還流のほうが相対的に弱く、うっ血傾向になります
うっ血を改善させるために瀉血を行うこともあるのですが、傷をつけてヒルに吸わせることで適度な瀉血を行うことができます。

メリット②血栓予防
皮弁や再接着指の大敵は血栓で、予防でヘパリンを流したりすることもあるのですが、ヒルの唾液から産生されるヒルジンは抗トロンビン作用による抗凝固作用があり、局所の血栓予防となります。

デメリット①感染
医療用のヒルは無菌という触れ込みですが、ヒルの腸内バクテリアのAeromonas hydrophiliaによる感染が数%に生じるといわれています。第2,3世代のセフェム系抗生剤に感受性があるため,予防的に内服してもらうことが多いです。

デメリット②コスト
保険適応はありません。医療用ヒルは海外から輸入されており1匹3000円ほどします。労災や交通事故であれば保険会社に負担してもらう交渉が可能という噂もありますが、基本は病院負担ないし自費となります。

デメリット③管理
4度前後の温度の冷蔵庫で保存が必要です(200日程度生存)。病棟の薬剤冷蔵庫などで保存していることが多いですが、結構最初は嫌がられる傾向にある(生理的に)ようです。
30分くらい血を吸わせて、ぽとりと落ちたらアルコールなどで殺処分するのですが、見失ったり、途中で脱走して捜索が必要になることも、、(だいたいは血の跡をたどると探せます)


慣れてくると可愛く感じるのですが、感想は個人差があります、、



整形外科領域、外傷でも指から骨盤まで、非常に多岐に渡ります。
この部位の治療、手術はどうやるんだっけ、、と思うことが特に若手では多いと思います。
お勧めなのはメディカ出版のsurgical technique
骨折を含めさまざまな疾患に対して、トップランナーが最新の流れをまとめてくれています。

1冊ずつ買ったり年間購読もいいのですが、ヨメディカに登録すると月900円でバックナンバーがオンラインで読み放題です。
pdfでダウンロードできないのは残念ですが、検索すると日常診療で行う殆どの術式が出てきます。

surgicalte


アフィリエイトっぽい記事ですが、この記事から登録しても一円も自分には入りません笑。
外傷診療に関わるのであればこの情報量、アクセスのしやすさで月900円は安いと思います。



術後感染症などで最近話題のiMAP&iSAP。
デバイスを残したまま感染をコントロールする、局所高濃度抗生剤投与。
isapimap



こちらのリンクが分かりやすいです

最近触れる機会がありました。
まだevidenceはこれからの分野。
感染症の経験豊かなベテランも絶賛する治療!!と言われたり、全然ダメ、と言われたり、、

一つの要因としては、専用のキットがないことによるPitfallの多さにあると感じました。
特に術後最初の数日が肝要。詰まったりアラームが鳴ったり、、
資料だけみて始めても、ほぼ確実にdrop outするといっていいほどです。
導入するのであれば経験者医師に来てもらってやってもらうのが一番確実です。
ですが、これからの軟部組織・骨髄炎感染症に対する加療の大きな武器になる可能性を秘めている本治療法。
専用キットが待たれるところです。



テリートーマスサイン(Terry-Thomas Sign)、初めて知りました。
D6B45313-2B39-49D4-8770-0A25C01A29C4


英国生まれのコメディアンの、すきっ歯に似ていることから名付けられた舟状骨の外方脱臼のサインです。
B21B817F-9FB9-491D-8247-C896C7C3A6A3

こういう用語をサラッと使えるようになりたいものです。

時事メディカルより

■舟状-月状離開
 手根骨のうち、舟状骨(しゅうじょうこつ)と月(げつ)状骨との間に障害が出たものです。舟状骨と月状骨間の解離(SL解離)が生じ、X線検査で3mm以上のすきま(Terry-Thomas徴候)がみとめられます。
 進行すると舟状骨周辺の2次性の関節症となり、舟状-大菱形小菱形骨間関節(STT関節)の変形やSLAC(scapho-lunate advanced collapse)wristと呼ばれる状態が生じます。

[治療]
 外傷などによる急性期のSL解離では、靱帯(じんたい)を修復する手術をおこないます。慢性期では、症状が軽ければサポーターなど対症療法をおこないますが、症状が強ければSTT関節固定や手根骨の部分切除、あるいは部分関節固定などの手術をおこないます。





大腿骨骨幹部骨折、特に横骨折の髄内釘加療では回旋変形が残ることがしばしばあります。
1割以上の患者で10度以上の回旋変形を認めるという報告も複数あります。
教科書や文献的には内外旋ともに15度までが許容範囲で、外旋変形が症状が出やすいとされます。
術中に確認する方法としては、下記の三つが有名

・Cortical step sign(内外側の皮質の厚さを同じにする)
css

・Diameter different sign(透視上の直径を同じにする)

dds

・Lesser trochanter sign
健側の小転子の見え方-膝蓋骨の位置の関係と同じように整復
lts

最近ではEspinoza techniqueという、髄内釘の前捻に大腿骨を合わせるという手法もあるようです。
este

できることはやっていこうと思います。



このページのトップヘ