road to spine

大学院で臨床・研究中の整形外科医 脊椎外科医になるために必要な事を備忘録も兼ねて たまに資産形成、英会話などについても

カテゴリ: 過去問解説メモ

**問題文自体は著作権的に怪しいので日整会の会員用HPからダウンロードを
**ご指摘あればコメントに願います!

Q41 多発性内軟骨腫症(Ollier病)の標準整形画像に酷似 悪性化すると軟骨肉腫

Q42 糖尿病に伴う末梢神経障害
a.b.c.〇
d.× 発症早期にアキレス腱反射は低下
e.〇

Q43 脳性麻痺児の痙縮の治療
a.b.c.d. フェノールブロックも行われることがある
e.特に記載なし

Q44 ロコモ度テスト
a.〇
b.× 特に検索しても出ないです
c.× 運動器不安定症
d.e.〇

Q45 フレイル Friedの基準
  1. 体重減少
  2. 主観的疲労感
  3. 日常生活活動量の減少
  4. 身体能力(歩行速度)の減弱
  5. 筋力(握力)の低下

Q46 肩関節の解剖
a.肩峰と腱板の間には肩「峰」下滑液が存在する
b.〇
c.上腕骨頭は30-40度程度後捻している
d.〇
e.〇


Q47 RSA適応は「原則70歳以上」、「他の筋肉には問題ないが腱板断裂によって肩の構造が破綻し肩の挙上が不能な状態」、「レントゲン上、関節に変形が認められる状態」

Q48 肘関節 標準整形の肘関節のところに全て載っています
a.上腕三頭筋の肘伸展作用は特に内側頭が強い
b.上腕二頭筋は回外位で強力な肘屈曲をもたらす
c.d.〇
e.回内は方形回内筋→円回内筋の順番に収縮

Q49 例年出ている前骨間神経麻痺、後骨間神経麻痺、手根管症候群などの鑑別
肘痛が初発+tear drop signより、前骨間神経麻痺
a.〇母指球筋が委縮するのは手根管症候群
b.Froment徴候は尺骨神経麻痺
c.自然に改善する例も多い
d.肘屈曲テストは肘部管症候群
e.手関節掌側部のTinelは手根管症候群

Q50 ボタン穴変形;PIP過屈曲、DIP過伸展。基節骨頭が側索の間からボタン穴に入るように突出する。
a.×
b.〇
c.×
d.e.〇
 
Q51 Heberden結節;中年女性に多く発症するDIP関節の変形性関節症。
a.×中年女性
b.〇乾癬性関節症やReiterでDIP関節炎あり
c.×20%にBouchard結節を合併
d.×関節軟骨の摩耗と骨棘形成が特徴
e.〇

Q52
a.有効脊髄前後径が広いため脊髄麻痺を呈することは殆どない
b.〇
c.原因として多いのは頸椎捻挫や咽頭炎
d.難治例では後方脊椎整復・固定術  筋切りは先天性斜頸
e.〇


Q53 頸椎症性脊髄症
a.〇motor type
b.〇
c.×術後C5麻痺は5%程度
d.〇
e.〇

Q54 特発性側弯症
a.b.〇
c.椎体回旋は椎弓根の位置で判断する
d.〇
e.Cobb角は上位終椎上面と下位終椎下面の接線のなす角

Q55 胸椎OPLL
a.上~下位胸椎が好発部位
b.c.d.〇
e.不安定性が症状に寄与することがあり、固定術の必要性は高い

Q56 腰部脊柱管狭窄症
a.馬尾症状のためBabinski(-)
b.Jacksonは頸椎
c.d.〇
e.FNSTは椎間板ヘルニアなどの神経根症状で陽性になる

Q57 腰痛診療ガイドライン

Q58 腰椎分離症
a.〇
b.罹患部位は関節突起間部
c.d.e.〇


Q59 神経鞘腫 頻出の髄膜腫との鑑別
a.〇
b.石灰化がみられるのは髄膜種
c.〇
d.dural tail signは髄膜種
e.〇

Q60 居細胞腫
a.放射線の効果は低い
b.若年者に多い
c.d.e.〇


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

整形外科卒後研修Q&A改訂第7版 [ 日本整形外科学会 ]
価格:13200円(税込、送料無料) (2021/2/1時点)


**問題文自体は著作権的に怪しいので日整会の会員用HPからダウンロードを
**ご指摘あればコメントに願います!

Q21 化膿性脊椎炎
a.確定診断は培養検査
b.軽症であればまずは抗生剤加療
c.起因菌によっては術式は変わらない 罹患椎体数、全身状態など
d.感染が沈静化しても不安定性が遺残する場合などは手術
e.〇

Q22 
通常の化膿性関節炎ではなく、人工関節の周囲感染だから関節液の糖値は不要、という意味の問題であると考えられます
a.b.c.〇 D-dimerは局所の熱感腫脹に対する鑑別診断のため検査
d.×
e.〇

Q23 結核性脊椎炎
a.× 中下位胸椎から腰椎に好発
b.c.〇
d.× 我が国は欧米と比較して高い
e.〇

Q24 薬剤耐性菌感染症
a.b.c.〇
d.× MRSAガイドラインP117参照
e.〇

Q25 強直性脊椎炎
a.〇
b.× 基本NSAIDsで、DMARDsが考慮される場合もあるが、TNF 阻害薬が有効な強直性脊椎炎や乾癬性関節炎などの血清反応陰性性関節炎に対しては TCZ(IL-6阻害薬) の効果は弱い
c.× 運動療法が重要
d.〇
e.〇

Q26
a.b.〇
c.環軸椎亜脱臼はRAで見られる、脊椎関節炎ではむしろ骨化傾向
d.e.〇


Q27
a.× 筋組織の破壊はない
b.c.〇
d.× 圧痕浮腫を伴う滑膜炎:RS3PE症候群
e.× RF陰性

Q28 関節リウマチのメトトレキサートガイドライン参照
P7表 4 開始時スクリーニング検査に載ってます
a.〇
b.×
c.〇
d.×
e.〇

Q29 血友病性関節症
a.× 血友病性偽嚢腫
b.× 末期の時に人工関節
c.〇
d.× 関節内
e.〇

Q30 深部静脈血栓症ガイドライン参照
a.〇上記ガイドライン
b.〇上記ガイドライン
c.× 中リスクなので薬物不要
d.〇 
e.× ルーチンにエコーを行う必要は記載なし

Q31
a.× 第2中足骨
b.× 月状骨
c.× 足舟状骨
d.× 上腕骨小頭
e.〇

Q32 Perthes病
a.b.〇
c.× Drehmannは骨頭すべり症
d.× 内反骨切りが最も一般的
e.〇


Q33
a.〇
b.×予後不良
c.×Ⅰ型コラーゲン
d.×一部を除き常染色体優性
e.×体幹短縮型

Q34 
a.〇
b.× 多趾症:下肢では軸後性(第5趾側)が多い
c.× 合趾症:第2,3趾に多い
d.〇
e.× 積極的にギプスを行うのは先天性内反足

Q35 骨盤に骨透明像、脊椎にCalve扁平椎→Langerhans細胞組織球症


Q36 遺伝性低リン血症性くる病・骨軟化症
a.〇
b.× 伴性優性遺伝
c.d.e.〇

Q37 骨粗鬆症治療のための1日のカルシウム摂取目標量→700-800mg


Q38 標準赤経の続発性悪性骨腫瘍の項を参照
a.〇 まれに瘻孔部に扁平上皮癌が発生することがある(標準整形)
b.× 悪性化しない
c.〇 0.5%悪性化 骨肉腫など
d.×
e.〇 骨肉腫名地


Q39 デスモイド型線維腫症
a.〇
b.× 遠隔転移しない 浸潤のみ
c.d.e.〇

Q40 PVS
a.〇
b.× 膝
c.〇
d.× 骨巨細胞腫とは全く別のもの
e.〇

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

整形外科卒後研修Q&A改訂第7版 [ 日本整形外科学会 ]
価格:13200円(税込、送料無料) (2021/2/1時点)


**問題文自体は著作権的に怪しいので日整会の会員用HPからダウンロードを
**ご指摘あればコメントに願います!

Q1
a.b.c.d.〇
e.海綿骨の半円柱構造はパケット

Q2
a.〇
b.〇
c.PTHにより破骨細胞は活性化される
d.破骨細胞はTRAP活性高い
e.〇


Q3
a.骨折直後、骨折部位はアシドーシスに陥る
b.骨折に伴う血腫は、局所での骨形成を促進する
c.d.〇
e.二次性骨癒合は、仮骨形成によって骨癒合することである

Q4
TFCCは関節円板、尺側側副靱帯、掌側橈尺靱帯、背側橈尺靱帯で構成される
a.×
b.c.d.e.〇

Q5
a.× C繊維は感覚
b.〇
c.〇
d.× シナプス小胞はアセチルコリンを含む
e.〇

Q6
a.b.c.〇
d.×偏食でVitD欠乏すれば発症する
e.×血清25(OH)D濃度が20 ng/ml未満をビタミンD欠乏と判定する

Q7
a.腰椎が後弯すると骨盤は後傾する
b.骨盤が後傾すると股関節は伸展位になる
c.d.e.〇

Q8
a.b.c.〇
d.× Oswestry Disability Indexは腰痛疾患に対する疾患特異的評価法
e.× RDQ(Roland–Morris Disability Questionnaire). 腰痛による日常生活の障害を患者自身が評価する尺度

Q9
a.b.c.〇
d.× 高齢者に生じる脊柱前縦靱帯の骨化を病態とする疾患を,強直性脊椎骨増殖症と呼ぶ。
e.× びまん性特発性骨増殖症(diffuse idiopathic skeletal hyperostosis;DISH): 椎体前面の靱帯が骨化する比較的commonな脊椎病変

Q10
a.× 上腕二頭筋腱反射 C5-6
b.c.〇
d.× 膝蓋腱反射 L3-4
e.〇

Q11
a.〇 干渉波の減少は神経原性、減少しないが振幅低下するのは筋原性
b.c.d.e.×

Q12 頭蓋底嵌入症 http://r-t-s.work/archives/42946352.html
a.〇
b.股関節の基準線
c.d.e.

Q13 超音波
a.× 骨の内部までは見えない
b.〇
c.〇
d.e.× 周波数が高いと解像度が良くなるが、減衰が起きやすくなる

Q14 人工関節周囲感染の診断
人工関節周囲検体において同一細菌が最低2回培養陽性となったことが確認できる、
あるいは関節と交通する瘻孔の存在

下記の基準の内、少なくとも3個が確認できること。
 - 血清中の血沈(ESR)とC反応性蛋白(CRP)の上昇
 - 関節液中の白血球数の増加あるいは
 -白血球エステラーゼ試験陽性
 -関節液中の好中球割合の増加
 -人工関節周囲組織所見が感染を示唆
 -一回のみ培養陽性
a.×
b.〇
c.×
d.×
e.〇

Q15 NSAIDs
a.抗凝固役の効果を増強する
b.慢性腰痛症に推奨
c.併用OK
d.腎機能障害あり
e.〇

Q16 オピオイドの副作用
a.× 便秘を生じる
b.c.d.e.〇

Q17
日本整形外科学会の「整形外科移植に関するガイドライン」および 「冷凍ボーンバンクマニュアル」 (日整会誌の2003年No.5に載ってます)
日本組織移植学会
a.b.〇
c.× -70°以下
d.e.〇

Q18 気管挿管困難 Q&Aに類題あり(改定第7版6-1-13)
a.×
b.c.d.〇
e.× 前方型は喉頭展開可能 垂直型は禁忌

Q19 骨関節術後感染予防ガイドライン
a.剃毛は推奨されていない
b.2-5時間おき
c.そのような報告はない(ガイドライン2015CQ11)
d.e.〇

Q20 深部静脈血栓症
a.〇
b.× 疑陽性率が高い
c.× Homans sign;足首を背屈して下腿三頭筋に痛みが出れば陽性。
d.e.


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

整形外科卒後研修Q&A改訂第7版 [ 日本整形外科学会 ]
価格:13200円(税込、送料無料) (2021/2/1時点)


**問題文自体は著作権的に怪しいので日整会の会員用HPからダウンロードを
**ご指摘あればコメントに願います!


Q101 副神経麻痺
a.○
b.× リンパ節生検などで発症し、レントゲン所見は特にない
c.○ 
d.× 医原性の損傷の場合3か月以内に手術の必要がある
e.○

Q102
a.○
b.○
c.ボクサー骨折は中手骨頚部骨折
d.○
e.ラガージャージ損傷:深指屈筋腱が末節骨付着部で断裂

Q103 離断性骨軟骨炎
a.10-16歳が好発
b.内側型が最も頻度が高い
c.コッキング後期から加速後期に外側は圧迫が加わることで生じる(内側は牽引される)
d.e.○

Q104 肉離れ
a.○
b.テニスレッグは腓腹筋
c.○
d.○
e.短距離の選手に多い

Q105 大腿骨寛骨臼インピンジメント(FAI)Q&A 3-4-52
a.○
b.○
c.屈曲内旋で疼痛が誘発
d.α角55°以上
e.○pinserが臼蓋側、cam型が大腿骨側の変形

Q106
a.鵞足付着部は脛骨近位内側
b.○
c.○
d.有痛性分裂膝蓋骨は上外側部(Saupe typeⅢ)が最も多い
e.○

Q107 脛骨顆間隆起骨折
a.10歳代に多い
b.○
c.保存加療を行うこともある(Meyers&McKeever分類のtypeⅠ,Ⅱ)
d.40-60度の屈曲位
e.○

Q108 削除問題

Q109 陳旧性アキレス腱断裂

Q110
a.○牽引禁忌:悪性腫瘍、脊椎カリエス、化膿性脊椎炎、強直性脊椎炎、骨軟化症、外傷に由来する症状のうちの急性期、全身の感染症・重篤な心臓疾患および肺疾患、脊椎分離症・すべり症、高齢者で著名な骨粗鬆症・重篤な慢性関節リウマチ、妊娠など
b.温熱療法の中の極超短波透熱法(microwave)は成長期の骨端に禁忌
c.熱傷に注意しないといけないので意識障害は×
d.ペースメーカーは極超短波、超音波、電流などで使用できない
e.○

Q111 筋力訓練
a.等尺性収縮運動は、いきみがあるので心肺機能障害で×
b.c.d.e.○

Q112 リハビリテーション評価法
a.○
b.timed up and go test:バランス
c.d.e.○

Q113
a.b.○
c.義肢適合判定は医師
d.e.○

Q114
a.手関節駆動式把持装具は手関節背屈筋を利用する
b.○
c.手関節背屈装具は橈骨神経麻痺に使用
d.短靴:靴型装具のうち側革が果部より低い物
e.○

Q115 装具
a.Boston装具は側弯症
b.クレンザック継手は足関節
c.d.○
e.ファンクショナルブレースは骨幹部骨折の治療に用いられる

Q116 切断
a.幻肢痛は上司に多い
b.○
c.Syme切断は足関節部切断術
d.幻肢痛の存在と義肢装着の時期は関係ない
e.○

Q117
a.1単位20分
b.作業療法士も算定できる
c.○
d.○
e.集団リハは算定できない

Q118 医業類似行為について http://www.tottori.med.or.jp/docs/tensukaitei/26igyouruiji.pdf
a.柔道整復師の施術に係る療養費の算定基準の実施上の留意事項 第1通則 10
「骨折、脱臼、打撲及び捻挫に対する施術料は、膏薬、湿布薬等を使用した場合の薬剤料、材料代等を含むものであること。」
b.c.d.認められていない
e.「柔道整復師は、医師の同意を得た場合のほか、脱臼又は骨折の患部に施術
をしてはならない。ただし、応急手当てをする場合は、この限りではない」
(柔道整復師法第17条)

Q119 人を対象とする医学系研究
定義:人(試料・情報を含む。)を対象として、傷病の成因(健康に関する様々な事象の頻
度及び分布並びにそれらに影響を与える要因を含む。)及び病態の理解並びに傷病の予
防方法並びに医療における診断方法及び治療方法の改善又は有効性の検証を通じて、国
民の健康の保持増進又は患者の傷病からの回復若しくは生活の質の向上に資する知識
を得ることを目的として実施される活動をいう。この指針において単に「研究」という
場合、人を対象とする医学系研究のことをいう。

Q120
a.○ 市町村
b.第1号:65歳以上 第2号:40~64歳
c.○
d.○
e.× Jは独力で外出可能 J→A→B→Cの順に自立度低下


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

標準整形外科学 第14版 [ 井樋 栄二 ]
価格:10340円(税込、送料無料) (2021/1/19時点)


**問題文自体は著作権的に怪しいので日整会の会員用HPからダウンロードを
**ご指摘あればコメントに願います!

Q81 外反母趾
a.母趾は外反に伴い回内する
b.10:1の割合で女性に好発する
c.疼痛の程度は変形の重症度と相関しない
d.e.○

Q82 強剛母趾
a.母趾MTP関節の変形性関節症
b.○
c.○
d.第1中足骨頭背側の骨棘が特徴(標準整形に写真あり)
e.○

Q83 下腿の区画症候群
a.○ 血流がさらに悪くなる可能性があり挙上は禁忌
b.○ stretch pain
c.前方コンパートメントに好発
d.末梢部の動脈拍動は必ずしも減弱したり消失するとは限らない
e.○ 測定値30-45mmHg以上もしくは拡張期血圧との差が20-30mmHg以下の場合

Q84
a.b.○
c.仮骨ができるのは二次骨癒合
d.e.○

Q85 異所性骨化
a.○
b.運動が骨化を助長する
c.d.e.○ エチドロネートはダイドロネルの一般名

Q86 FRAX ①年齢②性別③体重④身長⑤骨折歴⑥両親の大腿骨骨折歴⑦現在の喫煙⑧糖質コルチコイ ド⑨関節リウマチ⑩続発性骨粗鬆症⑪アルコール摂取⑫大腿骨頚部骨密度
a.b.c.○
d.大腿骨骨密度
e.○

Q87 Frankel分類 A:〔完全麻痺〕損傷高位以下の運動・感覚の完全麻痺,B:〔不全麻痺〕損傷高位以下の運動は完全麻痺で感覚は不全麻痺,C:〔不全麻痺〕損傷高位以下の運動は不全麻痺であるが実用性がない,D:〔不全麻痺〕損傷高位以下の運動は不全麻痺であるが実用性があり歩行補助具の有無にかかわらず歩行可能,E:〔回復〕神経学的脱落所見はない(自覚的しびれ感,腱反射亢進はあってもよい)


Q88 歯突起骨折 Anderson typeⅡを認める 最も頻度が高く、偽関節リスクが高いため手術適応
a.hangmanは軸椎関節突起間骨折
b.○
c.軸圧により発症するのは環椎破裂骨折(Jefferson骨折)
d.剥離骨折はAndesron typeⅠ
e.○

Q89
a.○
b.○
c.破裂骨折は前方成分のみtwo column
d.○
e.前方と中間で椎体全体

Q90 頚髄損傷急性期
a.b.○
c.低血圧
d.e.○

Q91 肩甲骨骨折
a.○体部骨折は関節外骨折のため
b.頚部骨折は介達外力が多い
c.○
d.肩甲骨基底部骨折は肩甲上神経損傷を合併する
e.○

Q92 初回の外傷性肩関節脱臼
a.○
b.○
c.上腕骨頭はHill-Sachs損傷
d.神経断裂は稀で、多くは自然に回復する
e.○

Q93 小児のMonteggia骨折
a.○
b.尺骨は若木骨折であることも多い
c.容易ではない
d.神経合併症としては後骨間神経麻痺が多い
e.○

Q94
a.左仙骨縦骨折、恥骨結合損傷(頭尾側方向転位)あり垂直断型骨折と考えられる
b.c.d.○
e.腰神経叢の障害は全骨盤骨折中5-12%程度で、Malgaigneの不安定型骨折では46%(Huittienら)

Q95 寛骨臼骨折の評価
a.b.c.○ 前柱、後柱を斜位像で評価する
d.inletは骨盤後方部分の前後方向への転移を評価
e.outletは骨盤後方部分の上下方汚行への転移を評価

Q96 大腿骨骨折
a.typeⅠ,Ⅱは転移があれば観血的整復と内固定を要する
b.○
c.大腿骨転子下骨折では近位骨片は屈曲外旋外転、遠位骨片は内転する
d.exchange nail 2mm程度径を太くすることが推奨される
e.○腓腹筋の作用で遠位骨片の近位端が後方に引かれ後方凸変形を呈する

Q97 膝蓋骨骨折
a.○直達外力による骨折は粉砕型になる
b.○
c.○
d.3mm以上の関節面離開があれば手術適応
e.術後はCPMで可動域訓練を行いなるべく早期から大腿四頭筋の強化訓練を行う

Q98 脛骨天蓋骨折(ピロン骨折)
a.○
b.Lauge-Hansen分類は果部骨折で使用 ピロンではRuedi分類
c.d.e.○

Q99 筋電図
正常では安静時に全く放電が認められない。脱神経が起こった筋では受傷後2週間ごろからアセチルコリンに過敏になり興奮性が高まる。
a.giant potential(巨大鋭波)は脱神経筋繊維の再支配時に認める
b.○
c.dive bomber sound(急降下爆撃音)は筋緊張性ジストロフィーで認める
d.○
e.神経損傷患者の再収縮時に多相性の電位が認められる

Q100 末梢神経損傷 
一過性伝導障害;neurapraxia
軸索断裂;axonotmesis
神経断裂;neurotmesis
a.過誤支配を生じるのは神経断裂
b.Tinelを認めるのは軸索断裂
c.一過性伝導障害では器質的には正常か、あるいは髄鞘の一部にごく軽度の異常
d.神経断裂では基本的には自然回復は期待できない
e.○

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

標準整形外科学 第14版 [ 井樋 栄二 ]
価格:10340円(税込、送料無料) (2021/1/19時点)


このページのトップヘ