専門医試験勉強で初めて知ったこと、、

症状固定を行って後遺症認定がなされ一定の金額が支払われます。
以後の診察費用は本人が負担することになる、そこまでしか知りませんでした。
場合によっては「アフターケア制度」といもので費用を負担してもらえるんですね。
https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/rousai/dl/090325-1.pdf

脊損から熱傷、大腿骨頚部骨折に至るまで様々です。

aftercare

たとえば脊損だと診察費だけでなく褥瘡処置に関わるガーゼや、排尿障害にともなうバルーンや導尿の医療資材も対象になります。

申請は症状固定後、期限があるので要注意です。
しっかり理解して患者さんの不利益にならないようにしたいものです。

----------------------------------------------------------------------------------------------
専門医試験対策は早めに始めておくことを強くお勧めします。試験対策という意味でも、整形外科医としての基本的な知識を得ておくという点においても。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

整形外科卒後研修Q&A改訂第7版 [ 日本整形外科学会 ]
価格:13200円(税込、送料無料) (2020/12/14時点)